名前を好きになったエピソード 「陽一」

◆太陽のように

陽一という名前は 生まれたときに両親とお寺の住職さんによって
つけていただいたと聞いています。

両親は 私が生まれる前に 太陽が大好きだったことと数字の一が
好きなこと、、そして元気で明るく前向きな子であって欲しいという願いから
陽一と名付けました。

中学校の頃名前の由来を両親からはじめて聞いたとき「いい名前だなあ」と
思った記憶があります。

◆陽ちゃん

名は「個」をあらわすので下の名前で呼んでもらえるとうれしくなります。
陽ちゃん、陽一ちゃんなど小さい頃は名前で呼ばれることが多かったですが
特に彼女が「陽くん」と呼んでくれた 響きやリズムが大好きになりました。

また、太陽の光にはあらゆるものを大きく包むパワーと壮大なイメージがあるので
文字の形や意味も含めて「陽」という漢字が大好きです。
今でも日光浴が大好きなのはこの名前のお陰かもしれません。

 

◆名前とは両親から最初にもらった贈りもの

苗字は変わることがありますが、名前は一生変わらないもの
そして、無形のものですが、自分自身と直結していて死ぬまで一緒に歩む
自分のアイデンティティだと思います。

自分に子供ができたら 男の子なら 自分の陽もしくは太陽と対局の
「月」にかかわる漢字を、女の子なら「月」に関わる漢字を使いたいと思います。