名前の由来を残す「命名書」ならぬ「命名箱」”こまもり箱”は、親の愛情でつくる我が子のお守り箱です。

将来、我が子に渡すことを前提につくる命名ギフト

一般的な命名書が、額に入れて飾るのに対して、我が子の大切なものを保管し、将来に残すことができる命名箱というものがあります。

私たち小林大伸堂は、その命名箱に「名前」だけではなく、命名由来や、出産時だから湧き上がる将来の我が子に伝えたいメッセージを刻んで作る「こまもり箱」を、新しい命名ギフトとしてご提案します。

我が子が小さいうちは、両親が我が子の大切なものを入れておき、成人や結婚など人生の節目にプレゼントすることで、「想いを伝える贈り物」として感動の演出ができます。

写真

その後、箱の中身は変わっていったとしても、我が子がこまもり箱を開けるたびに、親の愛情を感じて前向きな気持ちになれることから、心の支えとして我が子の人生に寄り添い続けることができる、一生ものの贈り物となります。

写真

「名」を贈る

赤ちゃんへのはじめての贈り物。それは「名前」です。「名前」には、赤ちゃんへの想いや祈りなど、目には見えないたくさんの愛情が込められています。その「名前」をカタチにし、お守りとしてプレゼントしませんか?

いずれ我が子が大きくなった時、「名前」に込められて想いに気付くときが来ます。
その時、その想いは我が子の心に刻まれます。それまでの間、お守りとしてあなたの愛情で包んであげませんか?

「名前」「想い」をしるしに

大人になるまでにきっと誰もが一度は思ったはず「なんでこの名前なのかな?」と。もしかしたら「他の名前がよかった」なんて思ったこともあるかもしれません。でも、子供の名前を考えたパパとママならわかるはず。名前には文字や音だけではわからない想いがたくさんつまっていることを。その想いをお子さんも必ず知りたいはずです。

八方位の運気に想いを込めることができます。

拝啓、20年後のキミヘ
今の私たちの「想い」を贈ります。

想像してください。20歳になった将来の我が子の姿を。成人したお子様はどんな夢を描き、どんな人付き合いをし、どんな人生をおくっているでしょう?社会人として大人の仲間入りをする年頃のお子様にとって、いろんな葛藤や悩みもあるかもしれません。そんな人生の節目だからこそ、両親の気持ちを素直に受け入れられるのではないでしょうか?

今しかない想いを、20年後の我が子に届けませんか?