投稿者「meiinso」のアーカイブ

小林大伸堂は、「あなたのための印」を通して、その一歩をあと押しします。

「運」とは、自分自身の前向きな気持ちが運ぶもの。「しあわせ」は、自分の心が決めるもの。私たちは、あなたの“言葉”にならない”心のことば”をうかがうことで、前向きなその一歩をあと押しいたします。

 

願いを込める「開運印鑑」


127年の歴史ある印章店があなたの想いや願いに開運を込めて印鑑をお彫りします。https://www.kaiunya.jp/


あなたを守る
「パワーストーン印鑑」

開運印鑑に加え、石が持つパワーをお選び頂き、願いを込めてお彫りします。https://www.rosestone.co.jp/


 

我が子のお守りに「こまもり箱」

我が子を想う愛情でつくるお守りです。https://www.meiinso.jp/blog/2020/04/08/2635/

 

小林大伸堂について

小林大伸堂は創業127年、5代にわたる歴史を持つ印章店です。
明治中期に福井県越前市粟田部町佐山に始まり、以来、現在まで福井の生活にしっかり根ざし、地元の方々の信頼をいただいて営業を続けています。

 

嫁ぐ娘に贈るしるし

家族のしるし~嫁ぐ娘へ~


◆作るタイミング
・お嬢様の結婚が決まったら
・結婚で嫁ぐ前

 

開運印鑑へのこだわり

小林大伸堂の開運印鑑=印影は、「決意」 や「 願い」などの運気を込めたり、悪い画数を良い画数に調整いたします。

しっかりと願いを込めた印鑑は、本人のお気持ちを前向きにし、運を開いていくエネルギーをあなたに与えてくれます。
つまり、印鑑の力で福を招き入れるのではなくて、願いを込めた印鑑をお持ちになり、しっかりと目標に向かって常に前向きに取り組む意識と努力こそが、よい運を舞い込んでくれるのではないでしょうか。

 



メッセージ桐箱のみ(印影入り)

¥13,200税込

Point:お手持ちの印鑑や通帳を入れてプレゼントできます。
Point:名前に運気を込めたお守りとなります。

例えば桐箱の中に、お手持ちの印鑑と通帳(これまで貯蓄されたもの)をお入れして、結婚で嫁ぐお嬢様にプレゼントすることで、お金の大切さや印鑑の大切さが伝わる共に、新生活へのエールを伝えることができ、親子の絆を深めるお守りに・・・


 

結婚ギフトセット
(本つげ印鑑+メッセージ刻印)

¥19,800税込

Point:銀行印におすすめな12ミリサイズの印鑑がセットになったパッケージです。

例えば、結婚式当日の披露宴にて、お嬢様が手紙を読み終え、体重ベア等をご両親にプレゼントしてくれたお返しのタイミングで、お嬢様にプレゼントし、はじめて名付けた時の感動を伝えることで、「結婚で苗字が変わっても変わらない名前」を通して、自分を大切に想ってもらえ、親子の絆を感じ合うことができるのではなでしょうか。


 

しるしが結ぶ絆 名印想

しるしが結ぶ絆、名印想のトップページはこちら。
https://www.meiinso.jp/blog/2020/03/19/sirusimusubif5d8/

 

TELL::0778-51-0628

「こまもり箱」

こまもり箱とは

こまもり箱とは、我が子のためのお守りです。
誕生を記念して作成した“こまもり箱”には、命名理由や出生体重をはじめ、名前に運気を込めた印影、メッセージを刻むことができます。
小さいうちは、両親の愛情で守るかのように、我が子の大切なものを保管しておくことができ、将来大人になった時に、我が子にプレゼントすることで、人生のお守りとなります。


 
「生まれてきてくれてありがとう」

たくさんの想いを込めてこの“こまもり箱”を贈ります
これから過ごすあなたとの時間が
すてきな思い出となりますように・・・


 


こまもり箱 

¥15,950税込


こまもり箱+
こまもり印(本つげ)
セット 

¥25,850税込


こまもり箱+
こまもり印(紅水晶)セット

¥46,200税込

 

こまもり箱とは

こまもり箱とは、我が子のためのお守りです。
誕生を記念して作成した“こまもり箱”には、命名理由や出生体重をはじめ、名前に運気を込めた印影、メッセージを刻むことができます。
小さいうちは、両親の愛情で守るかのように、我が子の大切なものを保管しておくことができ、将来大人になった時に、我が子にプレゼントすることで、人生のお守りとなります。

 

イメージ動画

こまもり箱(印鑑セット)のイメージ動画です。こまもり箱を開ける瞬間を想像してご覧ください。

 


名前という形のない宝物に、
揺るがぬ想いを 願いを込めて、
そっと、ずっと あなたい届けたい。

Sさん:「趣味ではじめた写真は、いつの間にか我が子の笑顔で溢れていた。君が成長していく過程を“こまもり箱”に入れて、君が大人になったときにプレゼントするね」

 Kさん:「あなたが生まれた時の体重から作りはじめた預金通帳と、その時に作った印鑑を“こまもり箱”に入れておき、将来のあなたに贈りたいと思っています。」
 

◆作るタイミング
・我が子が生まれたら
・我が子が成人・進学・結婚する前

◆贈るタイミング
・我が子が20歳になった時
・我が子が社会にでたり結婚する時

 

通販サイトはこちら 

「あなたのための印」。
想いをしるしにして届ける、贈り物に特化した小林大伸堂の公式通販サイトです。https://www.nameandwish.jp/

贈りたい言葉を組み合わせて作る、【五訓 桐箱BOX】

五訓 桐箱BOXとは

はじめての銀行印や実印を入れる桐箱に贈りたい言葉を五訓
として刻むボックスです。
 
 
五訓として贈る言葉は、【あと押しのレシピ集】から選んで組み合わせることで五訓桐箱BOXが完成します。
(言葉をアレンジすることもできます。)
 

旅立つ我が子へ

 進学で親元を離れ、独り暮らしをするお子様にとって、
はじめての新生活には不安がつきもの。
 
そんな時、親からの言葉というものが不思議なくらい身に沁み、
行動するうえでの基準になり、行く行くは人生の訓となることでしょう。
 

 

【あと押しのレシピ】

何百通りのフレーズの中から、
あなたの大切な人のためのあと押しのしるしをご提案します。
 

【あと押しのレシピ集】

・常に夢を描き続けて
・自分がやりたいことを明確化し、突き進んで
・常に前向きに突き進んで
・夢や目標が明確なら、どんなマイナスの状況もプラスに変えることができる
・困難にたたされたときはいつも、「試合はまだはじまったばかりだ」と思え。
・一度や二度躓いたくらいでやめるな!達成するまでは忍耐!!
・何かを変えたいなら、誰かが変えてくれるのを待たずに自分の力で変えていけ
・評価を気にするな。未熟であるということを認め、謙虚に対応する。
・おだてられても謙虚であれ
・人の悪い部分を言っている話にのっても何の特もない。笑っておくか聞き流すこと。
・自分の腑に落ちない間はものごとを進まず、覚悟が決まるまで待て
・人と比べて焦らない。自分は自分。
・焦って答えを求めてはいけない。一歩ずつ段階をふんでいけ
・常に試されていると思え
・うまくいっているときほど慎重に
・何度でも自分の壁を壊していけ
・壁にぶつかるまでやったら、それも一つの成功だ
・「何が起こっても変じゃない」という意識で先のことを考えて早め早の行動を
・一つのことにとらわれず、視野を広く持つ
・言葉の重さを意識して、自分が放つ一言に責任をもて
・物事の表層だけに惑わされず、本質を追及しろ
・相手の話しや気持ちを一旦受け入れる
・まずは理解に徹し、心で聴くこと
・人の気持ちを大切に

絆が深まる、お守りになる。

 

 

  しるし結び

いつまでも幸せでいようね・・・そんな願いをカタチにする2人のお守りです。https://www.meiinso.jp/blog/2017/12/08/sirusimusubi/


こまもり箱

我が子を想う愛情でつくるお守りです。https://www.meiinso.jp/blog/2020/04/08/2635/


お嫁さんに贈る「家族のしるし」

お嫁さんとの絆が深まる贈り物です。https://www.meiinso.jp

 

小林大伸堂の想い

小林大伸堂は創業127年、5代にわたる歴史を持つ印章店です。印鑑の役割が薄れてつつ現代において、印鑑の役割を「契約に使うもの」から、「想いを伝えるもの」に変えていきたい。そんな想いで5代目が考案したのが「しるし結び」「こもり箱」です。