名前を愛する女性のための「こころ書体」

「こころ書体」の由来について

「こころ書体」は、大切な誰かを想う気持ちや、自身のこうなりたいという想いでできています。例えば結婚で嫁ぐ娘を想う気持ち。例えば生まれくる我が子を想う気持ち。そのどれもに「心」があります。

「愛」する誰かを「優」しく「想」うという漢字に「心」が入っていることから、
「こころ書体」と名付けました。

こんな方におすすめ

★結婚で苗字・心境・生活環境が変わるけど、変わらない名前を大切にすることで、自分自身を大切にしたいと思っている女性。またはそのご家族。

★出産にあたり、我が子への「はじめての贈り物=名前」をカタチにすることで、将来の我が子に愛を届けたい方。また、そのことで、自分自身を大切に思えるようになってほしいと願う方。

こころ書体の特徴fkdasfyos368
5sf2s3s68


<モチーフの8枚桜について>

◆8枚の花びら⇒8つの運気を表現しています。
◆さくら⇒和の心を表現しています。

「こころ書体」での作成について

ローズストーン

「生き方に美しさを、しるしに輝きを」。
しあわせの〝あとおし”となりますよう、想いを宝石印鑑に込めておつくりするローズストーンの公式通販サイトです。https://www.rosestone.co.jp/