名前を好きになったエピソード 「亜樹」

「亜樹」という名は、
両親が 神社で名前の候補を挙げていただきその中から選んだそうです。

我が家は、姉の私も弟も、同じように神社で命名していただいています。

最初は「美樹」という名前になる予定だったそうですが、
祖父から「この苗字に「美」の文字は良くない」
と意見されたことから「亜樹」になったそうです。

私個人としては美樹の方があだ名が可愛くて良かったのにな、
と少々残念に感じていました。

 

「樹」の漢字は父の名前と同じで、ちょっとだけ愛着があります。

 

もともと自分自身の名前に大きな思い入れはなく、
特にイヤだと感じたこともなく育ちました。

中性的な名前や和風な名前が好きなので、
最近「アキ」という響きが男の子の名前にもよく使われていたり、
男性のアーティストの名前にも「アキ」をよく見かけることから、
自分の名前とかぶって嬉しく感じています。

普段あまり意識してこなかった自分自身の名前ですが、
同じ響きの人がいるということは好感度の高い名前なんですね。

 

私は 既に母が他界しており、
母の口から名前の由来や幼いころの
名前のエピソードを聞くことはもうできません。

結婚して実家を離れて暮らす今、
母との繋がりのひとつとして
自分の名前を母の形見のように感じています。

そして、夫や夫の実家のご両親からも
「亜樹ちゃん」と可愛がっていただいている今、

こんな風にちゃんと幸せになっているよ、
新しい家族からも可愛がってもらっているよと、
名前を呼ばれるたびに
母に報告できているような気がします。

「名前」には物語がある。
 
あなたが生まれてきた証でもある。
 
名前を愛するすべて女性のために・・・
 

5df5d55d8