名前を好きになったエピソード 「泰輔」

◆名前の由来

泰輔と名付けてくれたのは両親です。

“安泰な”人生・家庭を持ち、
人々を“助け”愛されるような人に、との願いが込められた名前です。

名前の由来を聞いたのは小学生高学年の頃でした。

名付けの由来を聞いてくるようにという学校の授業の一環でしたが、当時は幼かったこともあり、“安泰”の意味が分からず「ふーん」としか思いませんでした。

 

◆自分の名前とのギャップ

中学生の頃、部活動で1年間いじめに遭いました。

結局 部活動は辞め、学校にも行けなくなりそうなほど辛い毎日。

部員からの助けを望むこともできない自分は、親が付けてくれた名前の由来とは全然違うじゃないか、反対の人生を送っている…と尚更辛く感じる日々でした。

 

けれど、部活外の友人たちが助け支えてくれたことで、学校に通うことも出来るようになりました。

本当に辛い時に手を差し伸べてくれる かけがえのない友たちの存在。

そしてその友人たちから卒業の時期に、
「あの時は、(お前のおかげで)助かったんだよ」と改めて感謝の言葉を言ってもらって気が付いたのは、
自分も無意識の内に人を助けていたんだな、
名前の由来通りの自分でいられているんだな、ということでした。

 

◆後になってからこそ気付けること

自分は大器晩成型というのか、後になって名前の由来通りになっているんだな、と気付かされることが多いように感じます。

 

小・中・高・大とこれまでの環境の中で 大切な友人と出会い様々な経験を経た今、両親が深い想いを込めて名前を付けてくれたことに、とても感謝しています。

 

◆将来の夢や目標をお聞かせください

名前の由来の通り、家族を守り、皆が幸せと思えるような“安泰な”家庭を持ちたいと考えています。

 

◆あなたにとって名前とは?

名前とは、写し鏡のようなもの です。