名前を好きになったエピソード 「美智子」

◆大切な子だから

美智子の名前は、皇后様のお名前にちなんで名付けられたそうです。

皇后様と同じくらい大事な子 という想いを込めて、祖父が名付けてくれました。

小学校で「自分の名前の由来を聞こう」という課題が出たことを機にそのことを知り、子供ながらに、高貴な皇后様と同じ名前ということで、その通りに大切にされていると感じました。

 

◆子供心には…

とは言うものの、自分の名前そのものは好きでも嫌いでもなく、あまり思い入れを感じていないきらいもありました。

ご近所のお宅の表札のおばちゃんの名前で「美智子」さんを見かけることが多かったり、たまたま友人のおばあちゃんが同じ「美智子」さんだったり…。

そんなことから、「美智子」はおばあちゃんに多い名前、なんとなく古いイメージの名前、と感じていたのです。

嫌いでもないけれど、そこまで好きでもない。

それくらいの思いでした。

 

◆歳を重ねて見えてくるもの

大人になった今では、幼い頃と比べれば、自分の名前への愛着がわいてきたと感じています。

自分自身が年齢を重ね、経験を重ね、多くの人とかかわりあってゆく中で見えてくるもの。

たおやかで凛と美しい皇后様にあやかって名付けられた自分の名前に込められた意味。

歳を重ねて、名前の由来となった皇后様の素晴らしさが分かってくると同時に、自分の名前に込められた想いや背景にも想いを馳せるようになりました。

 

◆これからの人生への希望や願いをお聞かせください

商売が長く続くように 頑張りたいと思っています。

自社のHPを最近立ち上げました。
新しいことに挑戦し、またここからずっと先へと続いてゆくようにと、日々奮闘中です。

 

◆あなたにとって名前とは?

私にとって名前とは、目標に近いもの、です。

美しく、賢くなれるように…。

名の持つ深く優しいその意味に沿えるよう、頑張ろうと思っています。

 

◆美智子さん プロフィール

能登の地にて醤油造に携わる「カネヨ醤油 株式会社」 https://kaneyo-syouyu.jp は、創業90年の伝統ある醤油蔵元です。

美智子さんは、自社ホームページの開設運営管理にも携わっていらっしゃいます。

 

 

「名前」には物語がある。
 
あなたが生まれてきた証でもある。
 
名前を愛するすべて女性のために・・・
 

5df5d55d8