名前を好きになったエピソード 「昂」

 

◆昴じゃない

昂は、「昂ぶる(たかぶる)」という意味から名付けられたそうです。

「高まる、上がる」という意味を持つ「昂」の文字に、上へとあがっていって欲しいという願いが込められています。

 

小学生の頃は、「昂」という漢字が「昴(すばる)」や「昆布」に似ているからと、その名で呼ばれたこともありました。

小学校で賞状をいただいた時には、毎回「昴(すばる)」と間違って書かれてしまいました。

そういった些末なことが嫌でしかたなかったのですが、あまりにも毎回なので「またか~」に変わり、いつしか慣れてしまいました。

 

◆上へ上へと

高校の卒業式の時に渡された 両親の手紙で名前の由来を知りました。

「昂」の名には、上へとあがっていって欲しいという願いが込められていること、

生まれた時は小さかったけれど、こんなに立派に育ってくれて嬉しい という内容が綴られていました。

 

読み間違い、書き間違いをされやすい「昂」の名ではありますが、今では自分の名前は好きで気に入っています。

今っぽくないのが逆にイイですね。

 

高校まではサッカー部に所属し、サッカー選手を目指していました。(今も 趣味として続けています!)

サッカー選手で同じ「昂」の字の名前の選手がいて親近感を感じますし、「たかし」という名は著名人にも多くいらっしゃり、そういう意味でも誇りに思っています。

 

◆両親の想いを知って…

両親は、名付けの際 かなり悩んで考えてくれたのだそうです。

「翼」とも迷ったのだそうですが、意味を考えて最終的に「昂」を選んだとのこと。

 

そんな風に、両親が自分の名前に大きな想いや願いを込めて名付けてくれたことを知ると、尚いっそう、自らの意思をもって高みへと成長していける、そんな人間になりたいと思うのです。

 

◆あなたにとって名前とは?

生きていく上での ひとつの「あるべき姿」です。

親の期待を背負って、そういう人間でありたいと目指すもの。

 

私にとって「昂」という名前は、そんな存在です。